コロナリスクの軽減方法の1つ

  • URL Copied!

コロナの影響で好きなバンドのLIVEがことごとく中止や延期になっています

もちろんこの状況下で開催することもリスクが高いので、その判断は素晴らしいと思います

生活様式もマスクが当たり前となり、人との距離感に気を付けることも必要になってきました

そこで僕がとった行動はコロナのリスクが高まるなか、生活給付金の10万円で夏の間に自動二輪の小型ATの免許を取りました

公共交通機関を使わずに移動できる点はコロナのストレス軽減になっています

なので今回はコロナでのリスク軽減の一つにバイク通勤をお勧めします

僕が感じたメリットとデメリットです

バイク通勤のメリット

  • 人との接触を減らせる(公共交通機関を使わなくてよい)
  • 車と比べると維持費が安い
  • 駐輪スペースもそこまで取らない
  • 都内なら時間短縮になりやすい

最大のメリットはコロナだからこそ、人との接触を抑えられるのは大きいです

平常時なら電車やバスで通勤するのもいいのですが、朝から気を使いながら出勤するのもストレスが溜まりますよね?

車と比べると維持費も安いのと、駐輪スペースもそこまで取らなくてよいのかなと思います

待ち時間もなくなり、通勤時間の短縮にもなりました

バイク通勤のデメリット

  • 雨や風、寒さなどの対策が必要
  • バイクを置けるスペースがない場合は駐輪場を借りなくてはいけない
  • 事故などの危険性

デメリットは雨と寒さがつらいです

雨の日は公共交通機関を使うのもありです

アパート住まいで、バイクの駐輪スペースが無かったので近くに駐輪場を借りました

バイクを止められるかの確認は事前にしておきましょう

バイクでの事故はリスクが非常に高いの気を付けてでください

もちろん任意保険に入るのは必須です

万が一、事故が起きたときに保険に入ってないと、人生を棒に振ることになります

そもそもバイク通勤がダメな方は自転車通勤もありです

電動自転車なら疲れにくいです

注意点

7月に免許を取りに行きましたが、大学生の夏休みと被っていたため、取るのに大幅に時間がかかりました

免許を取りに行く時期は可能なら、7~9月と1~3月は避けましょう

学生が休みのタイミングは予約を取るのに時間がかかります

間が空くとせっかく覚えたことも忘れてしまい、同じ教習を受けることになるかも

そうするとお金も時間も無駄になります

まとめ

  • バイク通勤でストレスフリーと時間短縮となり、結果としては良かったです!
  • 雨や寒さ、事故のリスクを考える
  • 免許取得費用に車両代金や維持費用も掛かりますので、そこを天秤にかけてどう判断するかが大事です
  • 免許を取る時期は学生の休み(7~9月と1~3月)は避ける

まとまった休みが取れる人は合宿免許で取るのもいいですね

ざし

バイク通勤でコロナリスク軽減できるよ

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる